Yahoo!JAPANのO2O市場No1戦略(前編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第7回》

O2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスのプレーヤーを考えるとき、外せないのが、国内ネットサービスの巨人・Yahoo!JAPAN(ヤフー)の存在だ。Yahoo!JAPANの動向を、多くの関係者が注目している。

今、Yahoo!JAPANはO2Oビジネスで何を考えているのか。どう動いているのか。プロジェクトの責任者、村田岳彦・ヤフー地域サービス本部長に聞いた。

--Yahoo!JAPANが考える「O2O」ビジネスとは何なのでしょうか。

1996年にYahoo検索エンジンのサービスが始まり、その後流行したのがネット上の仮想商店街、Eコマースだ。15年以上経った現在、Eコマースはどれくらい成長してきたのか。Eコマースは増えているとはいっても、まだ全小売市場の10%にも満たない。主婦が晩ごはんの野菜を買うのに、Eコマースは利用しない。チラシや自分の経験で店舗を選んでいる。

社内で使っている数字でいうと、国内小売市場は、約125兆円がリアルの市場、6.7兆円がEコマース市場と見ている。Eコマース市場が少なすぎる、ネットの関与が薄すぎると考えた。すべてに関与するのは難しいとはいえ、もっとリアルの市場にネットがかかわれるのではないか。

O2Oは、ネットのサービスをオフラインのために使うという意味で考えている。今後EコマースもO2Oも両方伸びていくと考えているが、O2Oは始まったばかり。ネット企業が入り込む余地は十分にある。


村田岳彦・ヤフー地域サービス本部長

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。