急成長の中国、これから注目の有望都市は? 電通総研が中国都市の消費規模・成長力ランキングを発表

電通総研は、中国の主要287都市を対象に、消費規模と成長力でランキングした結果「China BtoC Market Power Index 2011」を発表した。
 
 GDP、人口、給与の3指標から評価した消費規模指標ランキングの上位都市は表1のとおりで、上海、北京、広州の3大都市が1~3位を占めた。
 
 一方、GDPやリテール売り上げの伸び率など6つの指標から評価した成長力指標ランキングの上位都市は表2のとおり。1位楡林市、2位朝陽市、3位渭南市など、日本人にはあまり馴染みのない諸都市がランクインしている。
 
 電通総研では、上海や北京などの巨大都市に加えて、重慶や天津、蘇州など消費規模が大きくかつ成長力も高い都市群、あるいは、鄂尔多斯(オルドス)市、合肥市など規模はまだ小さいが今後の高成長が見込める都市群を、有望な市場として注目すべき、と指摘している。

■表1 消費規模指標ランキング

■表2 成長力指標ランキング

■ランキングに用いた指標とウエイト

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。