いすゞ自動車がアジア市場に攻勢、インドネシアへも進出

いすゞ自動車がアジア市場に攻勢、インドネシアへも進出

いすゞ自動車が新興国戦略を加速させている。タイでは主力のピックアップトラック「D−MAX」の生産を拡大し、タイ国内の販売も好調だ。昨年10月に発生した洪水影響もはね返し、挽回生産に突入している。

同社は昨年11月に中期経営計画(2011年4月~14年3月)を発表。新興国向けトラックの拠点としてインドネシア進出を表明し、アジアを中心にした成長戦略を描いている。短期的には主力車種の増産、長期的には新興国向けトラックの新拠点構築でトラック市場での存在感を高める公算だ。


現地ニーズ取り込みへ天然ガス車投入の可能性も

11年9月下旬、いすゞは満を持してタイで生産する「D−MAX」のフルモデルチェンジを発表した。10年4月に開発主体を日本からタイに移管して以来、初のモデルチェンジで、車型構成の変更やエンジンのラインナップを拡充した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。