NPOが母体だから、むしろやりやすかった--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第3回)

NPOが母体だから、むしろやりやすかった--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第3回)

--らでぃっしゅぼーやは環境NPO「日本リサイクル運動市民の会」が母体となって1988年にスタートした会社です。キューサイから移籍して、何か一般企業と異なると感じた点はありましたか。

社会貢献に対する社員の親和性が高かったですね。全員がそうではないかもしれませんが、少なくとも市民運動団体がやっている会社だとわかって入ってきているので、一般企業に入社する人たちよりも社会貢献やCSR(企業の社会的責任)活動に関心が高い。
 
 通常、「ウィル」と「スキル」が必要だとすると、組織としてはウィルを浸透させるほうが大変です。スキルは学べば身につきますが、ウィルは訓練が不可能ですからね。そいう意味では、企業理念とは何かといった部分を説明する苦労はなかったので、僕は恵まれていたと思います。

ただ、社会貢献をやりたくてみんな集まっているのですが、それぞれのやりたい社会貢献の仕方やベクトルが一人ひとり異なっていました。食、農業、環境と、アプローチしたいポイントがバラバラだったんです。そこで同じ方向を向いてもらおうと掲げたものが、「食と暮らしの流通を通じて持続可能な社会を実現する」というミッションです。

僕らにとって「~し続けられる」というのはとても重要なキーワード。何年も食べ続けることのできる安全で安心なものであることはもちろん、たとえば化石燃料を多用したり地力を収奪するようなやり方ではなく、永遠に生産が続けていけるような作り方をした作物や製品を消費者に届けたいと考えています。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。