結局「初代iPhone」の形状が"最強"だった?

デザインの変化に気づくか、街頭実験

“最新のiPhone”と言われて「初代iPhone」を手渡されたら?(写真:『First Look: Apple’s New iPhone 6S – YouTube』)

つい最近、最新のiPhoneである「iPhone 6s」が発表されたが、まだ発売されていない時期に手にとって試したという人は、よほどのことがない限りいないだろう。

街頭で実験してみた

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そんな状況で、街頭で「最新のiPhone」だといわれて「初代iPhone」を手渡され、カメラを向けられた人たちは、一体どのような反応を見せるのか? という実験を行ったのが以下の動画『First Look: Apple’s New iPhone 6S – YouTube』だ。

 

説明文には、次のように書いてある。

<アップルのファンは、新しいiPhoneが出ると必ず熱狂するが、実はデザインの変化にはあまり気づいていない。新しいiPhoneが出ると喜ぶのは、それがただ“新しいiPhoneだから”というだけだ。そこで、私たちは実験として、2007年の『初代iPhone』を持ち出し、通りに出て人々に“これが新しい「iPhone 6s」ですよ”と言ってみた。彼らがなんと言うか見るために>
次ページ意外とみんなだまされてる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
大再編、金融庁、フィンテック<br>銀行マンの運命

メガバンク主導の地銀再編、正論を振りかざし冷徹に変革を迫る金融庁・森長官、銀行業務を代替するフィンテック…3つの大波が業界を襲う。揺さぶられる銀行マンの運命はいかに。