子のケンカを親が「止めてはいけない」理由

無意識の「決め付け」が、とんだ悪影響に!

子どもを自立させるためには、どうすればよいのか(写真 : Choreograph / PIXTA)

子育ての目的のひとつは自立ですよね。子育てって、いつか子どもと「お別れ」するその日のためのものです。自立とはいっても、子どもが小さいころは、心配になってママが何でもやってあげたくなりますよね。では、どうすれば自立させるための教育が出来るのでしょうか。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が自立した人間に育てるために幼児期の教育から気をつけたいことについてお話します。

「子どものために」と、過保護になっていない?

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「転ばぬ先の杖」ということわざは、用意をしっかりしておくと痛い目に合わないという良い意味で使われますが、子育てでこの言葉通りのことをすると、よくないことも起こってしまうんです。

「わが子のために」と思って、親が何でもかんでもやってあげてしまうと、子どもはいつまでたっても自立することができません。

公園での砂場遊びをしている子ども達に、ケンカをする前から「仲良く遊ぶのよ」と言ったり、転んでもいないうちから「転ばないのよ」と教えるのはやめましょう。親同士の人間関係を良好に保つため「いいママと思われたい」という気持ちがあるのはわかりますが、ここは子どものために、しゃしゃり出るのは控えましょう。

子どもは、ケンカを通して「社会性」が身につき、交渉や、コミュニケーションが上手になっていくのです。たとえば、子ども同士でおもちゃの取り合いになってしまった時、ケンカを通してこそ「だったら一回遊んだら貸してあげる」と、考えられるようになるのです。

次ページ「円満に解決できた」と思っているのは親だけかも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。