天守閣が大移動!弘前城「引っ越し」の舞台裏

総重量約400トン、どうやって動かすの?

石垣が膨らみ、崩落の危機にさらされていた弘前城(写真 : 弘前・写心観 / PIXTA)

お城の華といえば天守閣。石垣の上にのった天守は威風堂々とし、みるものを魅了する。特に桜の季節は、目を奪われるほどの光景だ。

江戸時代に築城された各藩の城は明治時代となり廃城、また戦火を受けて燃えるなど江戸時代そのままの天守を戴いている城は少ない。現存12天守に数えられ、北端に位置する弘前城では、石垣が膨らみ、そのままでは、じきに崩落する危機にさらされていた。

石垣補修のため、現存天守を移動

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

弘前城は1611年の築城から数えて404年。その間に石垣が膨らみ(はらみ、という)、そのままでは崩落してしまう。

この石垣を補修するには、その上にのっている天守を外さなければならない。そこで天守をそのまま台車に載せて、移動させてしまう『曳き屋』を行うのが、今回の石垣補修事業のハイライトだ。

次ページどのように移動させるの?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。