「認知症の姑」に借金判明、親族はどうすべき

本人に返済可能な資産・収入がない場合は…

知症の姑に借金。本人はまったく覚えていない……。そんなとき、家族はどうしたらよいのでしょうか(写真 : photoman / PIXTA)

「認知症の姑に借金が判明しました」。こんな相談が、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられた。姑が施設に入所する前に、銀行のカードローンで借りたもので、銀行の代理人弁護士から連絡があったそうだ。

73歳の姑は、要介護度3の認知症で、おカネを借りたことを覚えていない。定期的な収入は2カ月で3万円弱の年金しかなく、返済能力がまったくないという。相談者は「子どもが親の借金を返済する必要はないと思いますが、このまま放置しておくのはまずいと思う」と、今後について悩んでいる。

認知症の状態で話しをするべきではない

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

認知症の家族を持つ人にとっては切実な問題だが、どのような対応をすればよいだろうか。冨本和男弁護士に聞いた。

「姑さんは認知症ですので、姑さん自身が銀行と話をつけることも、破産申し立てを弁護士に依頼することもできません。また、認知症の状態で話をするべきではありません。

そうかといって、親族が銀行と話をつけようと思っても、銀行から『姑さん本人とでなければ話をしない』と言われてしまえば、それまでです。仮に親族が銀行と話をつけたとしても、後日その合意の有効性が問題となってしまう可能性があります」

次ページ公的な制度を利用しよう
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。