経済大国インドネシア 21世紀の成長条件 佐藤百合著

経済大国インドネシア 21世紀の成長条件 佐藤百合著

アメリカ合衆国より長い東西幅の国土を持つ海洋国インドネシアが、「混乱と停滞」を脱し、アジア第三の新興経済大国として頭角を現しつつある。著者は、成長を持続できる局面に入ったと判断する。

同国は、人口と資源では大国だが、工業化経験が浅く、日本と対極にある。それでも、現在推進中の開発戦略は、工業化中心主義に陥らず、農業・農園業、鉱業、サービス業の中にも成長のエンジンを配置するというもの。この「フルセット主義」は同様に工業化経験の浅いアフリカ諸国などに対しても示唆に富む。

改革の旗手となる経済テクノクラートや、苦境をくぐり抜け、政治家としても表舞台に立ち始めた産業人の素顔も具体的に描写している。

中公新書 882円

  

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
キヤノンの「脱」本業<br>御手洗冨士夫 独占激白

カメラ、プリンタ、複写機の事業で利益の大部分を稼ぐが、もはや成長力は失われ、利益率も低下。御手洗会長は「新規事業こそ本業」と断言し、買収で本業の転換を図る。成否はいかに。