山縣有朋の挫折-誰がための地方自治改革- 松元崇著 ~本来の地方自治をむしろ破壊した現行制度

山縣有朋の挫折-誰がための地方自治改革- 松元崇著 ~本来の地方自治をむしろ破壊した現行制度

評者 原田 泰 大和総研顧問・東京財団上席研究員

東日本大震災の被災地での人々の穏やかさが世界中から賞賛されたが、本書は、その背景に、江戸時代、あるいはそれ以前から続く日本のコミュニティがあったと指摘する。そのようなコミュニティを土台にしているのが、日本の地方自治制度であるという。

そもそも江戸幕府は、反乱を起こす可能性のある大名の統制には熱心だったが、それぞれの行政には関心がなかった。地域にはコミュニティがあり、その自治に任せていたのである。自治はうまくいっており、だからこそ、大震災の後にも秩序が保たれ、人々が助け合っていたのだろう。

明治になっても、その基本は変わらなかった。しかし、近代国家となり、軍備増強と議会創設を目的として、これまでとは異なる要請が生まれてくる。一つは、軍備増強のために地方から税を吸い上げる必要が生まれたこと、もう一つは、立憲政治のために地方自治が重要とされたことである。

山縣有朋は、早期の議会開設に反対であったが、同時にその必要も認めていた。山縣は、地方議会は、住民の身近な問題を議論することから、地方名望家が政治に慣れ、やがて国政に進出することによって、安定した議会政治をもたらすことになると考えていた。そこで地方レベルから議会を開設し、やがて全国レベルの議会を開設することとしていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。