12月決算会社の「増額予備軍」が見えてきた

上半期「営業益進捗率」ランキング

増額しそうな会社は、いったいどこなのか。写真は大手町の高層ビル群(撮影:今井康一)

通期の業績予想に比べて、これまでの実績がどの程度の水準に達したかを示した数字が「進捗率」という概念だ。業績見通し100億円の会社の実績が50億円ならば、進捗率は50%となる。

12月期決算会社を対象に、今2015年12月期通期の営業利益計画に対する第2四半期累計(1~6月)営業利益の進捗率を、高い順に並べるとどうなるか。ランキングを作成する際には、東洋経済予想が会社予想よりも高いこと、通期営業利益予想が5億円以上かつ増益であること、との条件も追加している。

ランキング1位はOATアグリオ

ランキング1位のOATアグリオは大塚ホールディングス系の農薬メーカー。第2四半期累計の営業利益実績は約16億円と、通期会社計画(9億円)を大幅に上回った。足元は米国とブラジルで農薬が想定超の伸びを示している。

2位の荏原実業は水処理施設の設計・施工事業などを手掛ける。同事業の採算が発注価格の上昇などで改善しており、会社側の通期営業利益予想はやや慎重だ。

3位のアップルインターナショナルは東南アジア向けの中古車輸出が収益柱。足元は円安の追い風が吹く。

中でも、タイ向けのスポーツ用多目的車(SUV)の伸びが当初の予想を上回る勢いだ。にもかかわらず、会社側は期初の業績見通しを変えていない。

同社が期初計画を据え置く一因は、中国事業縮小の影響が読み切れないことである。縮小に伴う損失発生などがどの程度の収益変動要因になるのか、現時点では流動的だ。

次ページ「季節性」や「クセ」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。