経営側の7割超がベアを「実施しない予定」--労務行政研究所が「2012年賃上げに関する調査」を発表

経営側の7割超がベアを「実施しない予定」--労務行政研究所が「2012年賃上げに関する調査」を発表

民間調査機関の「賃上げに関するアンケート調査」をまとめた。これによると、2012年の賃上げ見通しは、全回答者505人の平均で「5154円・1.66%」(定期昇給分を含む)となった。厚生労働省調査による11年の主要企業賃上げ実績(5555円・1.83%)を下回る水準である。

労使別に見た平均値は、労働側5321円・1.71%、経営側5233円・1.69%であり、賃上げ率の予測は労使とも約1.7%でほぼ一致した。また、自社における2012年定期昇給については、経営側の87%が「実施予定」としている一方、ベースアップについては72%が「実施しない予定」と回答。労働側でも、ベアを「実施すべき」は34%にとどまり、労使ともベアの実施は厳しいという見通しを抱いている。

12年の夏季賞与水準にの見通しについては、労働側・経営側とも、11年と比べて「同程度」が半数以上を占める結果となった。

労務行政研究所では、1974年から毎年、来る賃金交渉の動向を把握するための参考資料として、「賃上げに関するアンケート調査」を労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施している。


【調査時期】2011年12月9日~2012年1月13日
【調査対象】5791人(内訳は下記のとおり)
◇労働側:労組委員長等1924人
◇経営側:上場企業の人事・労務担当部長2006人
◇労働経済分野の専門家、ジャーナリスト、大学教授、労働経済関係の専門家、コンサルタントなど1861人
※1月13日までの回答者合計505人

http://www.rosei.or.jp/research/index.php

(東洋経済HRオンライン編集長 田宮寛之)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。