“甘い”キムチで大躍進、革命児ピックルスの野望

“甘い”キムチで大躍進、革命児ピックルスの野望

日本伝統の味、漬物。今、この漬物業界で大きな変化が起こっている。梅干し、たくあん、べったら漬けといったなじみの商品に代わって、韓国伝統の漬物、キムチが急速に存在感を増している。

「芸能界を席巻する韓流ブームが漬物でも?」と思いきや、それほど単純ではない。キムチといえば、“辛さ”が特徴だが、飛ぶように売れているのは“甘さ”を強調した日本独自の商品だ。

この甘いキムチを普及させたのがピックルスコーポレーション(ピックルス)。2009年10月に投入した「ご飯がススム」のヒットで漬物業界最大手に躍り出たピックルスを、業界関係者は「漬物業界の革命児」と呼ぶ。

地味な漬物でヒットを 新興企業が常識へ挑戦

日本における漬物の歴史は、8世紀の記録までさかのぼる。江戸時代には市販品が出回るようになったが、本格的な産業化は戦後に入ってから。家庭環境や家族構成の変化に加え、殺菌技術や流通システムの確立によって、漬物は、「自宅で漬けるモノから、買うモノ」になった。

だが近年、漬物業界は衰退の一途をたどってきた。市場規模は、00年の5000億円台から08年には4000億円弱へと縮小(グラフ)。購買層は65歳以上が圧倒的で、古臭いイメージをぬぐえない。季節ごとに新商品を連発する食品業界にあって、新商品の発売が少なく、売り場は定番品が並ぶ“地味な”場所だった。「働く人の多くも内向的な安定志向」と指摘する人は漬物メーカー社員や流通関係者に少なくない。



関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。