古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古色蒼然としたマニアックな趣味と思われがちな古本の世界。ところが、古本カフェや一箱古本市の出現、あるいはブックオフに代表されるような新古書店の隆盛などで、新たな潮流が生まれようとしている。古本をこよなく愛するライターが、そうした古くて新しい古本のディープな世界を案内する。

古書店の商品はすべて店主の財産だから、そこにはおのずと個性が表れる。店の趣味趣向が楽しめ、意外な本を発見できたりするのも、新刊書店にはない古書店ならではの面白さだという。

いかにして目当ての本を見つけるかから、世界一の古書街「神保町」の歩き方、古書店開業マニュアルまでを網羅している。

中公新書ラクレ 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。