古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古色蒼然としたマニアックな趣味と思われがちな古本の世界。ところが、古本カフェや一箱古本市の出現、あるいはブックオフに代表されるような新古書店の隆盛などで、新たな潮流が生まれようとしている。古本をこよなく愛するライターが、そうした古くて新しい古本のディープな世界を案内する。

古書店の商品はすべて店主の財産だから、そこにはおのずと個性が表れる。店の趣味趣向が楽しめ、意外な本を発見できたりするのも、新刊書店にはない古書店ならではの面白さだという。

いかにして目当ての本を見つけるかから、世界一の古書街「神保町」の歩き方、古書店開業マニュアルまでを網羅している。

中公新書ラクレ 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。