年商40億円の農家だっているんです--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第2回)

年商40億円の農家だっているんです--緒方大助・らでぃっしゅぼーや社長(第2回)

--緒方さんは健康食品の「青汁」を販売するキューサイにいらっしゃいました。らでぃっしゅぼーやとの出会いをお聞かせください。

1993年にキューサイに入社していろいろな新規事業の立ち上げを担当し、95年には事業開発部の責任者を務めていました。その頃、無農薬のコメや野菜を売る事業を検討したことがあります。
 
 結局その事業は実現には至らなかったのですが、いろいろと下調べをしているときに初めてらでぃっしゅぼーやという会社の存在を知りました。結構売り上げが伸びているし、野菜宅配はこんなに市場があるのかと思いましたね。

らでぃっしゅぼーやのことをすっかり忘れていたころ、99年くらいですか、期せずしてM&Aの話が舞い込んできたのです。当時のキューサイ社長から「らでぃっしゅぼーやが株を売る」と聞き、僕はぜひM&Aの部隊に加えてほしいと申し出ました。
 
 ビジネスレビューを担当することになったんですが、調べるうちにこの会社はやっぱり面白いなと思いました。「らでぃっしゅぼーやに行かせてほしい」と社長に直訴したんです。実際に買収が成立すると「行くなら社長で行け」と言われまして(笑)、2000年に、らでぃっしゅぼーやの社長に就任したというわけです。39歳のときでした。

--社長を務めるに当たり、自信はあったのですか。

自信はなかったし、アップルからマクドナルドへ移った原田泳幸社長みたいに経営のメソッドやノウハウを持って移籍したわけではないので解もありませんでした。ただやりたいだけでしたね。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。