「もめやすいご近所トラブル」ランキング

性別、年齢によって気になる点に違いが!

あなたも近隣トラブルに悩んでいますか?(写真 : eugenesergeev / PIXTA)

日本の人口密度は高い。総務省統計局の発表するデータによると、人口1000万人以上の国のなかでは、ルワンダ、ベルギーに次いで世界6位。それだけ寄り添って住んでいるから、近隣住民の日々の行動はイヤでも気になってしまうが、みんな、どんな近隣トラブルに悩まされているのだろう。もっともイヤなトラブルは何だろうか……?

約3割が近隣住民に不満、未婚者は不満が高め傾向

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

まずは、近隣の住民に不満を感じたことがある人はどのくらいいるのか、東名阪エリアに在住する20~50代の男女400名にアンケートを実施。「あなたは近隣の住人に対して、不満を感じることはありますか?」と質問したところ、「不満がある」と回答した人は33.8%にのぼり、一戸建て・集合住宅、住まいの形にかかわらず、この割合はほぼ一定していることがわかった。

既婚者・未婚者、婚姻の有無別で調べてみると既婚者の「不満がある」は26.2%に対し、未婚者は41.2%と高め。特に集合住宅などでは、子どもの泣き声や叫び声など、既婚者家庭が騒音の原因となることも多い。既婚者に比べ、割を食っていると感じている未婚者は多いのかもしれない。

では、具体的には、どんな不満を感じているのか。以下、ランキング形式で10位まで紹介しよう。

1位 騒音 45.9%
2位 挨拶 25.9%
3位 車や駐車場の使い方 21.5%
4位 タバコのマナー 19.3%
5位 ペットの飼育やマナー14.8%
6位 ゴミの分別や出し方 13.3%
7位 玄関前や廊下などの共有部の使い方 12.6%
8位 タバコを除く異臭 8.1%
9位 覗きなどの嫌がらせ 5.9%
10位 バルコニーなど共有部での植物の育て方 5.2%

 

前述でも触れたが、やはり最も不満が多いのは、近隣住民からの「騒音」。夜間や日中など、静かに過ごしたい時間帯に大きな音が聞こえてきては、やはりストレスがたまる。小さい子どもを持つ家庭同士であれば「お互いさま」で済むかもしれないが、子のいない家庭や未婚者にとってはイライラの種。

試しに婚姻の有無別に再集計。「不満がある」人のなかで、「騒音」に不満を感じていると回答した割合を比較してみると、既婚者では38.3%、未婚者では55.7%と、やはり圧倒的に未婚者のほうが「騒音」に対しては不満を感じているようだ。

次ページ男女でも不満に思う点には違いがある?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。