SCE社長、「プレステ4」値下げの意図を語る

アンドリュー・ハウス社長インタビュー

 9月17日、ソニーのゲーム子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は17日、ロイターのインタビューで、据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の日本での価格を5000円値下げしたことについて「顧客層を拡大する」と述べた。写真はプレイステーション(PS)4のコントローラー。2013年8月撮影(2015年 ロイターS/Ina Fassbender)

[千葉市 17日 ロイター] - ソニー<6758.T>のゲーム子会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は17日、ロイターのインタビューで、据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の日本での価格を5000円値下げしたことについて「顧客層を拡大する」と述べ、ゲーム愛好家以外のカジュアルユーザーに販売を広げていく狙いを示した。

一方、値下げについては「(今期の販売計画の1650万台に)織り込んでいる」と説明したが「一段の上方修正を期待したい」とも述べた。今年3月から始めた中国市場でのPS4の販売は「ロケットスタートではない」ものの「想定の範囲内」と指摘した。

ソニーの成長戦略をけん引するネットワーク事業は、2015年3月期に3510億円(前年同期は2000億円)で75%の成長率。ハウス社長は「今期も増収ペースを維持できる」と述べた。先行投資が続いていたネットワーク事業については「収益回収ステージに入ってきた」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。