崖っぷちのエルピーダ 苦肉の救済シナリオ

崖っぷちのエルピーダ 苦肉の救済シナリオ

半導体大手エルピーダメモリが存亡の危機に立たされている。同社はパソコンなどに使われるDRAMで世界3位。日本唯一のメーカーだが、販売価格の急落に見舞われ、2012年3月期決算は1000億円規模の赤字が避けられない。

最大の焦点は、4月までに合計1200億円超という巨額返済をどう乗り切るか、だ。11年9月末で1000億円あった手元資金は大幅に減っている可能性が高い。2月2日に予定する11年4~12月期の決算発表までに、少なくとも再建計画の大枠は示す必要があるだろう。

が、エルピーダ単独で今回の難局を乗り切るのは、現実的には、かなり難しい。

理由の一つが、銀行との関係。エルピーダは「取引行と等間隔で付き合うスタンスを取ってきたため、支援策をまとめるメイン行を持たない」(銀行関係者)。09年に経営危機に直面した際には、経済産業省が産業活力再生特別措置法を適用し、公的支援に踏み切った。背景には、日本にDRAM企業を残すという大義名分に加え、「銀行が積極的に支援したがらなかった」(同)という事情がある。エルピーダは今回も国に助けを求めざるをえない状況だ。

救済のカギはNAND

だが支援も二度目となれば、実施へのハードルは高い。1月中旬には、前回の支援にかかわっていた経産省のキャリア官僚がインサイダー取引で逮捕され、一段と身動きが取りにくくなった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。