有益な情報で賢くなる消費者《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第4回》

企業側からこれまでO2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスの重要性を見てきた。それは消費者にどのようなメリットをもたらすのか。

今回は、代表的な5つのメリットを見てみよう。

まずは、「位置情報に連動したクーポン、ポイント」。

消費者は、スマートフォンで自分の現在地の周辺にある店を検索し、訪問するタイミングで、クーポンを取得できる。

店側は、ちょうど店の近くにいる消費者を狙い撃ちしてクーポンを配信できるため、通常の紙の広告チラシや冊子よりも販促効果が高い。

具体的なサービスとしては、リクルートの「RecoCheck」、Facebookの「Facebookチェックインクーポン」などがある。

リクルートは、グルメ、美容、旅行などのリクルートの情報誌に掲載されている5万5000件以上のクーポン・口コミを位置情報サービス「RecoCheck」上で提供している。

来店するだけで消費者がポイントを受け取ることができるサービスも始まっている。ベンチャー企業・スポットライトが運営する「スマートフォンポイント(スマポ)」だ。スマポでは、商品を購入しなくても、アプリを立ち上げて、来店しただけでポイントが貯まる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。