AppleWatch新OSにバグが発覚

16日の提供開始を延期

 9月16日、アップルは「アップルウオッチ」向け新OSの提供開始を延期すると発表した。写真はサンフランシスコの発表会場で9日撮影(2015年 ロイター/Beck Diefenbach)

[16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は16日、この日予定していた腕時計型端末「アップルウオッチ」向け新基本ソフト(OS)の「watchOS2」の提供開始を延期すると発表した。バグ(不具合)が見つかったためとしている。

広報担当者は、バグの対応に予想より時間がかかっているとしながらも、修復後の新OSは「近く」提供開始されると述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
コールセンターの流転<br>採用難、地方撤退、AIで消滅?

沖縄で不人気職種1位はコールセンター業務。離職率が高い。センターの最大集積地は沖縄から、北海道へ。次をうかがうのが福岡。採用難の解消へAI活用が進む現状をリポート。