中東和平構想の現実 パレスチナに「二国家共存」は可能か 森戸幸次著

中東和平構想の現実 パレスチナに「二国家共存」は可能か 森戸幸次著

欧米でしばしばトップニュースになるパレスチナ問題。噴出する国際紛争の中でも根が深く、長きにわたり未解決のままである。

その主役として国づくり運動を率いてきた故ヤセル・アラファト議長は、イスラエルの隣にパレスチナ国家を作る「二国家共存」構想という、パレスチナ民族の夢の追求に邁進したが、果たせなかった。民族紛争解決の処方箋として確立されているはずの「民族自決」の原則が、パレスチナではなぜ失敗の歴史を歩んでいるのか。この思想・構想にこれからどのような展望がありうるのか。

日本人がとかく見過ごしているパレスチナ紛争の現実、そして中東理解の重要性をあらためて教える。

平凡社新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。