グローバル恐慌の真相 中野剛志、柴山桂太著

グローバル恐慌の真相 中野剛志、柴山桂太著

リーマンショックで金融資本を救った国々が連鎖して危機に瀕するという、グローバル資本主義の暴走が始まっている。

日本には、グローバル化のデフレ圧力で中間層が破壊され、未来への投資が停止し、民衆とエリートの対立が深まる「冬の時代」が到来。同時に世界は単なる経済現象としての危機にとどまらず、政治や社会、文化まで及ぶ、複合的で全般的な危機に突入しようとしているという。

この大恐慌の足音が聞こえる時代には、過剰な流動性を生んだグローバル化の危うさと各国の社会構造の本質をも併せて分析する「思想」が必要とされると、気鋭の経済思想研究者が危機の時代への処方箋を徹底的に語り合う。

集英社新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。