子の「発想力」は、親の「許容力」で伸びる!

ヒントは、カップラーメン誕生秘話にアリ

子どもを柔軟な頭脳の持ち主に育てたいなら、カップラーメンの誕生秘話を参考にするといいかもしれません(写真 : Chepko / PIXTA)

今や当たり前の商品でも最初は誰かが考えて、発明したもの。例えば、カップラーメンは、それまでは鍋を出して麺を入れて作るしかなかったラーメンの食べ方を変えました。

このように、現代の私達が当たり前に使っている便利なモノの数々は誰かの“発想”がもとになっています。自分の子どもも、こんなひらめきができる大人に育ってほしいですよね。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が自由な発想ができる大人に育てるために親はどうするべきか、お話したいと思す。

カップラーメン誕生秘話

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

カップラーメンの発明者は日清食品の安藤百福氏。元々、商品としてあった『チキンラーメン』をアメリカに輸出。ところが丼、箸の文化のないアメリカ人は紙コップにチキンラーメンを割って入れて食べていました。それを見た安藤氏は、現在のカップヌードルをひらめいたそうです。

しかし、紙コップでは熱くて持てません。そのためコーヒーに使われている発泡スチロール製の入れ物にヒントを得て今のカップヌードルが出来上がったと言われています。非常に柔軟な思考によって今までの常識をくつがえした、素晴らしい発明ですよね。

質問です! あなたはどう答えますか?

「柔軟に考える」というのは言葉では言えても、実践するのは難しいこと。試しに下の質問に答えてみてください。

●魚をかいてください

「魚を書いてください」と言われると99%の人が頭を左にした魚を書きます。食卓の魚は左向きに置きますし、図鑑の魚は頭が左だからです。だから固定概念として入ってしまったのでしょう。でもそんな中、右に頭がある魚、上から見た魚、下から見た魚を書く人もいます。

実はこれ、物事を多面的に見ることができて、発想力のある社員を雇いたい会社の就職試験の一つなのです。

●「○+○=2」という問題

「○の箇所に適切な数字を入れてください」と言われたらみなさんはどんな数字を入れますか?「1+1」としか答えられない人がほとんどだそうです。でも答えは星の数ほどあるのです。

・0+2
・2+0
・-1+(+3)
・1.5+0.5
・1.99+0.01

 

など、様々な視点から考えることで、固定観念に縛られない、たくさんの答えが見つかります。

次ページ柔軟な考え方ができる人に育てる教育2箇条
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。