ミラノで話題!絶妙な「ポイ捨て」撲滅作戦

道ばたのタバコを拾って「投票」する人も

歩きタバコやポイ捨てをやめさせようという、イタリアの学生グループの取り組みとは?

日本のみならず、海外の都市を歩いていると歩きタバコをする人を見かけることがある。

しかも、そのタバコの吸い殻をポイ捨てするせいで、バスの待合所やデパートの入り口の道ばたには、タバコの吸い殻が目立つこともある。

毎日200万本のタバコがポイ捨てされる街

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そんなタバコのポイ捨てを止めさせようとしているのが、イタリアはミラノの「Accademia di Comunicazione」の学生グループが考案した「Vote your Milan」プロジェクトだ。

ミラノには30万人の喫煙者がいて、そのうち35%がポイ捨てをするという。毎日200万本のタバコがポイ捨てされ、社会問題として指摘されている。このプロジェクトはそういったポイ捨てをゼロにしようという試みだ。

「Vote your Milan」とは、タバコの吸い殻を「投票用紙」代わりにした、二者択一の投票システムだ。

次ページどんな仕組み?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。