日本人はとかく今現在しか考えない

『日本人はなぜ株で損するのか?』を書いた藤原敬之氏に聞く

日本人はとかく今現在しか考えない--『日本人はなぜ株で損するのか?』を書いた藤原敬之氏(著述家、元藤原オフィス・アセット・マネジメント代表取締役)に聞く

過去25年で日本株5000億円を運用してきた「カリスマ」ファンドマネジャーが、長年培ってきた株式投資術を公開した。社会科学を駆使する異例の方法論に基づくという。

──なぜ、日本人は株で損をするのですか。

日本人にはしたたかさがない。しかも、今のことしか考えない。

歴史小説を書くために、このところ明治・大正・昭和の歴史を調べている。「表」がもてはやされている日露戦争は、実は「舞台裏」もすごい。高橋是清は戦費17億円のうち8億円を海外起債でかき集めた。日清戦争は全戦費4億5000万円で、うち1億円が海外起債だったから、その8倍を成功させている。軍資金がなければ艦艇の調達もままならない。そこにはしたたかさがあった。

──したたかさ?

自らを、あるいは物事を客観的に評価する覚めた目だ。それで、物事のあり方や自分自身を分解して見る。投資下手も、その最大の原因をしっかり見つめ直すことによって、次の成功につなげることができる。25年間にわたり株と格闘し、第一線でやってこられた最大の理由は、その覚めた目で自分の「切り口」を作れたからだと思っている。

毎年のように起こる詐欺事件を見ていると、日本人は今がいちばん大事と思っているという「普遍的な事実」に気づく。運用対象は、牛であったり森であったり、訳のわからない金融商品といわれるものであったりするが、要は確定利回り・元本保証・半年複利の商品だ。そうあってほしいという、いわばその「空想の張り子」に引っかかる。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。