ロシアがシリア飛行場に戦車を配備

米国防総省「基地設置の動き」と警戒

 9月14日、シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。写真はロシア軍の戦車。モスクワで5月撮影(2015年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ワシントン 14日 ロイター] - シリア内戦への関与を強めるロシアの動きに関連して、米当局者は14日、シリアのラタキア近郊の飛行場でロシア軍の戦車7台が確認されたと明らかにした。

当局者によると、戦車のほかにミサイル発射台も配備された。同飛行場に派遣されたロシア軍兵士を防衛するためとみられるという。

デービス国防総省報道部長は会見で、ラタキア近郊にロシア軍が人員などを派遣していることが確認されており、「前方作戦基地を設置する」計画を示唆していると述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。