惜しい!日本人が間違いすぎる英語表現3つ

過ぎたるは及ばざるがごとし?!

It was very, very delicious!

強調をしたいときにvery, veryと重ねるのはタロウさんの口癖です。このように2回繰り返して言うのは間違いではないのですが、あまり多用すると少し耳障りですし、口語的でカジュアルな印象も否めません。多用しすぎないことと、状況を見ながら使いましょうということは、折を見てお伝えはしていました。でも、やはり白熱してくるとつい出てしまうようです。

deliciousにveryは付けない

でも、今回ここで取り上げたいのはvery, veryの方ではなくて、very deliciousという表現のほう。delicious自体が「とてもおいしい」という意味なのでvery deliciousとは普通言いません。「すごくとてもおいしい」と強調がダブっているように聞こえるんです。

同じおいしいという意味のtastyという単語なら、veryを付けてもおかしくありません。つまり多少のニュアンスは置いておいて、delicious = very tastyだと思うと良いでしょう。そうすればdeliciousにveryを付ける必要がない(付けるとおかしい)というのが覚えられるはずです。

タロウさんのvery, very deliciousは強調に強調を重ねた表現で、日本語にすると「たいへんすごくとてもおいしい」のように不自然な響き。「すごくおいしかった」と言いたいのであれば、It was deliciousだけでも十分ですし、どうしても強調したければIt was really deliciousと言いましょう。ただ、「おいしい」という表現についてはdeliciousやtastyよりも、goodを使う方が自然だと筆者は思います。日本人は「おいしい=delicious」と覚えている方が多いので、ネイティブよりもdeliciousを使うことが多いようですね。

deliciousの他にも単語自体に強調の意味が含まれていて、veryを付けられないものがあります。Extreme adjectives(極限形容詞)と呼ばれる形容詞です。

awful, horrible, terrible (= very bad) ひどい
enormous, huge, gigantic (= very big) 巨大な
excellent, wonderful (= very good) すばらしい
exhausted (= very tired) へとへとな
furious (= very angry) 激怒した
packed (= very crowded) 満員の、すごく混んでいる
starving (= very hungry) すごく空腹の
tiny (= very small) すごく小さい

 

このほかにもまだありますが、まずはよく使いそうなものを挙げてみました。good、bad、bigの極限形容詞は使用頻度が高いので特に気を付けましょう。さらに強調したいときにはdeliciousと同様に、reallyを付けることはできます。でも、これらの単語自体が強調された意味であることを忘れずに、強調しすぎないように注意してください。

次ページ「まあまあ良い」が相手に心配される結果に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。