史上初の「母娘レーサー」、直接対決の舞台裏

母に憧れた娘、ボートレース界に飛び込む!

今、ボートレース界で大注目の「母娘レーサー」が福岡にいます!

「ボートレース」といえば、ひと昔前までは”熱い男の戦い”であり、しかもごく一部の男性の娯楽というイメージが強かったのではないだろうか。

だが、ここ数年では女性選手が増え、今は選手1592名のうち女性が202名と1割を超えている(2015年7月1日現在)。また近年、電話やインターネットで気軽に舟券を購入できるようになったこともあり、一時縮小傾向にあったファン層が確実に再拡大しているようだ。

実はこのボートレース、年齢も性別も一切関係なく、実力がすべてのスポーツ。同じレースで男女が混ざり合って競い、半年ごとの成績でA1・A2・B1・B2の4クラスにランク付けされる。

 レーサーである母を見て育った

そんなボートレース界でこの春、史上初の「母娘レーサー」が誕生した。これまで父子で活躍するパターンはあったが、母と娘はボートレース史上初めて、しかも数々のプロスポーツにおいても大変珍しい。

全国のボートレースファンから注目を集める大山博美さん(49歳)・千広さん(19歳)親子に、地元福岡で話を聞いた。

福岡の高校を卒業後、ボートレーサーを目指した千広さん。きっかけは「レーサーである母の姿を見て育ち、すごくかっこいいなと憧れていた」ことだった。「母はレースで家を空けることが多く、小さい頃は寂しいと感じたことも……。でも、まわりの人からもかっこいいと言われる自慢の母でしたし、とても優しいんですよ」。

 
次ページ厳しすぎるレーサー養成学校を経て
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。