大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む 荒木康代著

大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む 荒木康代著

昭和初期に生きた商家の女主人の現存する日記から、当時の女将(おかみ)たちがどんな役割を担っていたのかを社会学者が明らかにした。

大阪の商家の女主人はかつて、「ごりょん(寮)さん」と呼ばれていた。彼女たちは、店の主人である「ダンサン(夫)」の片腕となって店を切り盛りし、奉公人や女中の世話、商売関係から親類縁者との付き合いなどを一手に引き受けることで、商家の生活を支えていたという。

本書では、大阪船場で代々商いを営んでいた杉村家に嫁いだ久子の昭和2年の日記を中心に、当時の女将たちの生活をつまびらかに。職住一体が多かった当時、経済活動の中で彼女たちが重要な位置を占めていたことがわかる。

平凡社新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。