危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ ケインズ学会編

危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ ケインズ学会編

20世紀最高の経済学者とたたえられるJ・M・ケインズにあらためて多面的にスポットライトを当てた書。リーマンショック後の世界経済危機は、同時に現代資本主義の理論的な支柱であるマクロ経済学も揺るがし、その理論に原点回帰を迫っているようだ。

個別の議論では、「ケインズと今日性」「ケインズと新自由主義」と題され、彷徨の資本主義の方向性や市場と国家のベストミックスを探ったものが含蓄深いが、日本においての最大の関心は現時点での「デフレ不況」への処方箋ではないか。その点では、経済学者3人による「かみ合わない議論」が現状理解を端的に表しているといえようか。

ケインズは著作も多く、ケインズ自身の関心領域も幅広い。全30巻のマクミラン版全集が刊行されているものの、それに基づいた研究に日本は出遅れている。2011年5月の「ケインズ学会」(本書の編者)の発足を契機に、新たな研究に進んでほしいものだ。

作品社 2310円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。