阿蘇山が噴火、警戒レベル3に引き上げ

気象庁が発表、首相「人命を第一に」

 9月14日、気象庁によると、午前9時43分ごろ熊本県の阿蘇山で噴火が発生した。写真は気象庁提供(2015年 ロイター)

[東京 14日 ロイター] - 気象庁によると、14日午前9時43分ごろ、熊本県の阿蘇山で噴火が発生した。気象庁は従来の規模を上回る噴火時に発表する「噴火速報」を出し、阿蘇山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。

気象庁によると、今回の噴火による噴煙は火口付近で2000メートルまで上がった。今後も同程度の噴火が発生し、大きな噴石が火口から1キロ以上に飛散する可能性があるとしている。

政府は噴火発生直後に官邸の危機管理センター内に情報連絡室を設置し、被害状況の把握などを行っている。菅義偉官房長官によると「現時点で被害の情報は入っていない」という。

噴火発生を受け安倍晋三首相は「人命を第一に、安全確保に向けて政府一丸となって万全を期す」と、首相官邸で記者団に述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。