20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

20世紀をつくった経済学 シュンペーター、ハイエク、ケインズ 根井雅弘著

経済思想史を専門にする著者がシュンペーター、ハイエク、ケインズという20世紀経済学の3巨星を取り上げ、彼らの思想や理論を中高生にもわかるようにできるだけわかりやすく解説する。

「企業者」によるイノベーションの遂行が経済発展をもたらすと論じたシュンペーター、徹底した自由主義で知られるハイエク、マクロ経済学を確立させたケインズ。20世紀を作ったといわれる彼らは何をどう考えたのか、苦闘した思想の跡をたどりながら、資本主義の本質を問い直す。

また「原理主義」に陥ることの危険性を繰り返し指摘し、「経済思想」の多様性を尊重しながら、他者との相互交流、切磋琢磨によって自らを向上させる重要性を説く。

ちくまプリマー新書 714円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。