バイオマス発電は「地域活性」を実現できるか

茨城、栃木で続々稼働、欧州の好例に続ける?

木質バイオマスの利用が「里山資本主義」を支えている(写真: tchara / Shutterstock

『里山資本主義』(角川書店:藻谷浩介・NHK広島取材班共著)という本が、2013年にベストセラーになり、「里山資本主義」いう言葉自体も流行した。

これは、カネの循環が全てである「マネー資本主義」のサブシステムを、一人当たりの自然エネルギー量が大きな地域に構築しておいたらどうか、という提案だ。そして、地域の衰退や少子化といった課題も、解決する可能性があるとしている。

この「里山資本主義」は、多くの人たちに絶賛された一方、不都合な事実が隠されているとの批判も多く出た。そのように、賛否両論で盛り上がった「里山資本主義」を支えているひとつが、木質バイオマスの利用だ。

売電に加え、廃熱を公共施設で利用

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

8月25日、エジソンパワー社は、木質バイオマスのガス化発電事業を、全国展開することを発表した。その第1号機を茨城県大子町に設置するために、10月に着工する。

この、木質バイオマスのガス化発電の発電出力は1100kWで、燃料に地元の山間部から間伐された木材だけを利用することが特徴だ。

その間伐材は、大子町の林業団体と供給契約を締結して供給される。発電された電気は、固定価格買取制度(FIT)を利用して東京電力に売電され、その収入は、年間約4億円を見込んでいる。

また、廃熱は同町の公共施設や温泉街などに供給することを予定している。すでに、2号機も来年12月からの稼働を目指して、栃木県佐野市に設置することが決まっている。

次ページ「消滅可能自治体」を救うには?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。