パブリック 開かれたネットの価値を最大化せよ ジェフ・ジャービス著/小林弘人監修・解説/関 美和訳 ~大公開時代の新しいフロンティア

パブリック 開かれたネットの価値を最大化せよ ジェフ・ジャービス著/小林弘人監修・解説/関 美和訳 ~大公開時代の新しいフロンティア

評者 津田倫男 フレームワーク・マネジメント代表取締役

大公開時代の新しいフロンティアが、インターネットによって広がりつつあるという。それを、ネットの世界でオピニオンリーダーとされる著者がパブリックネス(第一義は情報・思考・行動をシェアする行為または状態)という新語を用いて鮮やかに分析してみせる。

パブリックネスにはオープン化が付きものだ。プライベートなもの、あるいはプライバシーとどう区分するか、が問題として付いて回る。フロンティアを広げるうえで力となっているソーシャルメディア革命は、発信者の自ら選ぶパブリックネスが特徴になっている。しかも、その発信内容は「パブリックであることが価値を生みだす」という。

プライバシーとの区別ではドイツの事例で、国、文化で程度の差があることが示される。グーグルのストリートビューを「画像による多角的攻撃」であると、ドイツのある大臣が非難したのを取り上げ、米国人と比較する。ドイツ人には「知識を共有する文化がない」、彼らは「あらゆる知識は他人よりも優位に立つために自分だけでもっておくのが一番だ」とする識者の意見も示す。この状況は、日本の企業や経営者に対しても示唆的だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。