きみはペット --韓国の国家的経済戦略《宿輪純一のシネマ経済学》

松本潤と小雪で2003年にTBSでテレビドラマとなった人気コミックが、このたび、韓国で映画化された。最近では、このような国を超えたリメークは珍しくなくなってきた。

超優秀なアラサー女性編集者チ・ウニ(キム・ハヌル)であるが、職場では左遷され、さらにプライベートでは失恋してしまう。当然、気分がすっかり滅入ってしまう。そんなとき、突然、彼女の前に若きバレエダンサー、カン・イノ(チャン・グンソク)が思いもかけない形で現れる。
 
 そして、彼から一風変わった同居生活の申し出を受ける。それは。友達でも恋人でもなく“ペットになりたい!”というものである。若者男子の草食化が著しいというが、それをさらに超えていく、ペット化というものである。おじさんには訳がわからないのではないだろうか。



©小川彌生/講談社 ©production LUDENS/KJ-net

2人はそんな“現代的でおかしな”条件で同居生活をスタートさせるが、当然、恋愛もスタートする。実は、2人だけではなく、周りの個性的脇役の人生の深さも興味深い。

この作品は何といっても、最近、韓流スターでヨン様を抜いたともいわれるイケメン人気スター、チャン・グンソク(장근석:JANG KEUN−SUK:張根硬)である(漢字は、軍足ではない)。
 
 『美男(イケメン)ですね』『メリは外泊中』などテレビドラマや映画はもちろん、コマーシャルやバラエティでも大活躍。日本の映画では06年の『着信アリFinal』にも出演していた。確かにかわいいか。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。