松下幸之助は、どう客をもてなしていたのか

熱意・誠実・素直さは、成功のトライアングル

松下幸之助の「もてなし方」とは?(写真:monjiro / PIXTA)

私が松下幸之助に惹かれた理由のひとつに誠実さがある。

もともと体の強くない松下は、少し寒くなるとよく風邪気味になっていた。体温が36.4度くらいになる。だいたい35.8度くらいが平熱であったため、これはすでに微熱であった。そういうときにたまたまお客さまと約束があり、接待をしなければならないのだが、そばで見ていても非常に苦しそうなことがあった。

松下は、お客さまとの約束の1時間ほど前には真々庵(京都の私邸)にやって来て、接待の準備に取りかかる。しかし、どうにも体調がよくなさそうで、どことなく機嫌もよくないというような状態である。私は「大丈夫ですか? もうお帰りになったほうがよろしいのではないですか。今日は事情をお話して、お客さまはわれわれがご案内しますから、お休みになってはいかがですか」と言ってみるのだが、松下は「いや、まあ……、帰るというても……、まあ今から相手さんに連絡を入れても、もう家を出てはるやろう……」などと言って、どうもはっきりしない様子である。

そうこうしているうちに、予定通りお客さまがおいでになった。

お客さまがいらっしゃると……

しかし「お客さまがいらっしゃいました」と連絡が入ると、その瞬間から松下の雰囲気が一瞬にして変わってしまった。ぱっと立つと「迎えに出る。わし、行くわ」と言うのである。その姿は、この人が今まで「どうしようか、熱があってたいへんや。かなわん、だるい」というような雰囲気だった人と同一人物だろうかと、疑いたくなるくらい、にこにこしている。

お客さまと話をして、「じゃ、庭でも歩きましょうか」と真々庵の庭に出て、ご案内を始めた。さらに茶室でお抹茶を飲み、またサロンに戻って談笑をする。そうやって1時間半くらいの時間をかけてお客さまをもてなすのである。その間、松下はにこにことして元気もいい。私は内心、熱がとれたのかなと思っていた。やがてお客さまがお帰りになることになり、松下はいつものようにお見送りをした。

次ページお客さまが見えなくなると…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。