トヨタ、新型プリウスを日本で今年末発売

米国などでも販売攻勢

 9月9日(現地時間8日)、トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)「プリウス」の4代目となる新モデルを、米国ラスベガスで初公開した。同社ショールームで8月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は9日(現地時間8日)、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の4代目となる新モデルを、米国ラスベガスで初公開した。今年末の日本での発売を皮切りに、世界の主要市場に順次投入。HV人気の高い日本だけでなく、ガソリン安で販売が低迷している米国などでも攻勢をかける。

新型プリウスは2009年に3代目を投入して以来、約6年半ぶりの全面改良で、電池やモーターなどの基幹部品を刷新。全長は約6センチ、全幅は1.5センチ長くする一方、車高を2センチ低くして流線型の車体デザインを強調した。低重心の車台(プラットフォーム)を採用するなどして走行性能を高めた。歩行者が検知できる衝突回避システムなど、安全運転支援機能も搭載した。

熱効率は現行モデルの38.5%から40%以上に高め、主要部品を小型・軽量化することなどで低燃費を実現。米国基準での燃費は10%以上改善し、具体的な数値はまだ非公表だが、日本基準ではガソリン1リットル当たり40キロ(現行は32.6キロ)を上回る見通しとみられる。エンジンの仕様や販売価格などは明らかにしていない。

同社は主要部品の共通化などによる新しい車づくりの手法「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」の導入を進めており、TNGAではコスト低減と商品力向上を同時に実現することを目指している。新型プリウスはTNGAによる新車第1弾となる。

プリウスは世界初の量産型HVとして1997年に発売。以来、世界約80カ国で売られ、累計販売台数(ことし7月末時点)は350万台を超えている。トヨタ全車種のHV累計販売約800万台のうち4割以上をプリウスが占めている。

日本では燃費性能に優れたHV人気は根強いが、米国ではガソリン安や景気回復の影響で大型車の人気が続いており、HVは販売が低迷している。プリウスの米販売は2014年実績が前年比約11%減の20万7372台、ことし1─8月の累計は前年同期比約17%減の12万5830台だった。新型プリウスでHVの人気を再び高め、販売攻勢をかける。

 

(白木真紀 取材協力:舩越みなみ 編集:田中志保)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。