注意!「株価変動が激しい100社」ランキング

東京電力、ガンホーなどが上位に

市場平均よりも株価の動きが激しい銘柄には要注意(写真:ぺかまろ / PIXTA)

株式市場が波乱に見舞われる中、個別銘柄の株価も激しく乱高下している。今回注目するベータ値は、個別銘柄がTOPIXなど全体相場の動きにどの程度連動するか、その傾向を示す指標だ。

TOPIXが一定期間に1%上昇した際、あるA銘柄が2%上昇するとA銘柄のベータ値は「2」、0.5%の上昇にとどまれば「0.5」となる。ベータ値がマイナスの場合もある。TOPIXが1%上昇した際に1%下落すれば「マイナス1」だ。

株価は、業績や買収・新製品の発表など複合的な要因で動くため、つねにベータ値どおりの値動きになるというわけではない。市場に連動しないその銘柄固有の値動き部分はアルファ値と呼ばれる。一方で、個別銘柄は全体相場の影響を少なからず受けることから、ベータ値を見れば大まかな値動きの傾向をとらえることはできる。

時価総額3000億円以上の銘柄をベータ値が高い順にランキングすると、どのような顔ぶれが表れるのか。8月末までの過去5年間の値動きを基に算出した。

次ページ1~25位のランキングはこちら!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。