自民党総裁選、安倍首相が無投票で再選

野田聖子氏は20人の推薦人を集められず

 9月8日、自民党総裁選挙が告示され、安倍晋三首相(自民党総裁)以外の届け出はなく、党内の全7派閥の支持を受けた安倍氏が無投票再選を決めた。写真は8月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 自民党総裁選挙が8日告示され、安倍晋三首相(自民党総裁)が立候補の届け出を行った。安倍氏以外の届け出はなく、党内の全7派閥の支持を受けた安倍氏が無投票再選を決めた。新総裁の任期は2018年9月まで。

野田聖子前総務会長が最後まで立候補を模索したが、立候補に必要な20人の推薦人を集めることができず、断念した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。