YouTube、広告主にアクセス数情報を提供へ

第三者に広告データ収集を認めることを検討

 9月6日、米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」が広告主にアクセス数を提供することを検討していると、フィナンシャル・タイムズが報じた。ゼニカで昨年10月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic )

[6日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は、同サイトに掲載する広告のアクセス数を広告主に提供することを検討している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

同紙(電子版)が複数の関係筋の話として伝えたところによると、ユーチューブは第三者の検証グループに広告データの収集を認めることを検討。年末までに開始の予定で、コムスコアやダブルベリファイ、インテグラル・アド・サイエンスといった広告検証事業を手掛ける企業を引き付けそうだ。

同紙によると、英蘭系日用品大手ユニリーバ<ULVR.L>、米食品大手ケロッグ<K.N>といった広告主が、アクセス数が提供されないことに不満を示していたという。

ユーチューブからは今のところコメントを得られていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。