人類が失った「野生スキル」を取り戻すには?

古代ギリシャの羊飼いはすごかった

目的を持って鍛えよう(写真:Soft Focus Photography / PIXTA)

フィットネスにしてもダイエットにしても、人間の身体にまつわる話について、正反対の2つの言説が並ぶことは意外に多い。たとえば炭水化物。ダイエットのためには取らない方がよいという意見があれば、取らないのは危険だと警鐘を鳴らす声も聞こえてくる。

このような状況がどうして起こるのか? それは、なぜそうすべきなのかという「Why」が足りていないからだと思う。

本来の人間の能力を呼び覚ます

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

本書『ナチュラル・ボーン・ヒーローズ(Natural Born Heroes )』は、人間の身体に本来備っていたはずの狩猟採集民モードに戻せれば、人間の可能性は大きく広がるというスタンスを貫く。狩猟採集民の食事や動き方には必然性があり、人間が本来備えていたさまざまな能力を解き放つことができるというのだ。

この主張自体、それほど目新しいものでもないかもしれない。ただし圧倒的なのが、「Why」を追い求め、ストーリーに仕立て上げる執念である。著者が、かつて『BORN TO RUN』で走りの観念を根底から覆したクリストファー・マクドゥーガルであることを知れば、自ずと期待も高まるだろう。

本書は大きく分けて2つの物語によって構成される。ひとつは第二次大戦世界大戦時のクレタ島で行われたドイツ軍 vs. レジスタンスの知られざる攻防。そしてもうひとつが人間にとっての「自然な動き」について考察するフィットネスの実践論。この2つが「英雄であるための技芸」をテーマに交錯する。

次ページクレタ島の英雄たちは羊飼い!?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。