旅客機と渡り鳥「への字」編隊の"共通点"

知れば知るほど面白い「航空力学」

渡り鳥とジェット旅客機の共通点は?(写真は、翼端渦の発生を減らし、空気抵抗を小さくしてくれるウイングレット)

渡り鳥が長い距離を移動するとき、大きな「への字」を描いた編隊飛行をします。これは、なぜでしょうか?

渡り鳥は、決して遊びで編隊飛行している訳ではなく、空気抵抗をできるだけ小さくして長距離飛行を可能にするため、「へ」の字を描いています。「空気抵抗を小さくする」というと、自転車競技のように縦一列に並び、先頭を交代制にするのがいいようにも思えますが、空を飛ぶ場合は異なります。

なぜなら、「翼端渦」(よくたんうず、翼端から発生する渦)の影響で、後方では、空気抵抗が小さくなるどころか安定した飛行すらできないためです。

この翼端渦のエネルギーは非常に強く、その後方には強い乱気流が発生します。数分前に通過した飛行機でも、その後流に入ると、激しく揺れる場合があります。拙著『カラー図解でわかる航空力学「超」入門』でも解説しておりますが、航空交通管制上特に離着陸時には危険なため、最大離陸重量により、

H(13.6トン以上)
M(7~13.6トン未満)
L(7トン以下)

 

という、3つの「後方乱気流区分」があり、区分ごとに後方乱気流を考慮した時間、または距離の間隔が設定されています。渡り鳥は、この後方乱気流を知っているので、縦一列に並んでは飛ばないのです。

では、なぜ「への字」編隊飛行なのでしょうか? それは翼端渦の影響を小さくするためです。

次ページ燃費削減に有効な装置とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。