暮らしの中で知っておきたい気象のすべて ハレックス監修

暮らしの中で知っておきたい気象のすべて ハレックス監修

何げなく目にしている天気図には冬用と夏用があり、冬用は中央に日本列島があるが、夏用は日本列島が北側に寄っていて南側の海上が広くなっているという。夏は南から台風がやってくることが多いのでその情報を詳しく伝えるために南側を広くとっているとのこと。台風シーズンの5月1日から10月まではこの夏用天気図が使われる。

夏に多いイメージの雷が、実際は冬、北陸や東北などの日本海側で多く発生すること、新潟県の山沿いでは24時間の降雪の深さが60センチメートル以上でないと発表されない「大雪注意報」が、東京だと5センチメートルで発表されること等々、気象にまつわる不思議や天気図の見方など、日々の暮らしに役立つ気象の知識を解説する。

じっぴコンパクト新書 800円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
持ち家が危ない<br>マイホームが「負動産」になる

東京・豊島区で15%の空き家率。空き家はもはや地方都市だけの問題ではない。積立金不足で大規模修繕が進まないマンションも。「負」動産化する持ち家の大問題とその対策を提示。