今時のコワーキングスペース、賢い選び方は

3タイプのメリット・デメリットを分析!

最近続々と増えている「コワーキングスペース」。自分に合ったものの選び方のポイントは?

「一辺倒なオフィスを捨てよ。街に出よう。そして自分のライフスタイルとマッチしたオフィスを見つけよう」……ということなのだろうか? また、新たなノマドムーブメントがやってきたというのだろうか? 実のところ昨今、各地でコワーキングスペースが増え続けているようだ。

コンパクトな個室オフィスと共有会議室、ラウンジを用意したレンタルオフィスは1980年代に誕生(場所貸し、住所貸しと呼ばれた、アンダーグラウンドな業者が利用していたサービスはその前から存在する)、携帯電話と同じくバブル期に大きな成長を遂げた。

1990年代後半に入ってからは、インターネットインフラの拡大とともに、新たなネットビジネスを目指す人が多く利用したという。

3つのタイプ、それぞれの利点・欠点は?

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そして、2000年代に入って、個室を廃したフリースペース方式の「コワーキングスペース」が生まれた。「壁」という垣根を排することで、同じ「コワーキングスペース」を利用するユーザー間での交流が生まれ、スタートアップのコラボも行われるようになる。

2015年現在、前述したように「コワーキングスペース」の数は増加し続けている。「コワーキングスペース」密集地帯では、どのスペースを選んだらよいのか迷うほどだ。

そこで「コワーキングスペース」を3つのタイプに分類。それぞれのメリットとデメリットをまとめてみた。

次ページ利便性をとる?居住性をとる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。