渡邉恒雄氏にではなく、巨人軍に忠実に行動した--元読売巨人軍専務取締役球団代表 清武英利

渡邉恒雄氏にではなく、巨人軍に忠実に行動した--元読売巨人軍専務取締役球団代表 清武英利

「愛する巨人軍を、プロ野球を私物化するような行為を許すことはできません」──。

読売巨人軍専務取締役球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)・編成本部長・オーナー代行を務めていた清武英利氏が、緊急記者会見を開いたのは11月11日だ。清武氏による突然の告発は、その後批判の応酬に発展。自身は解職に追い込まれた。

12月5日には、読売巨人軍と読売新聞グループ本社が「会社法で定められた取締役の忠実義務に違反した行為により、名誉や信用を著しく傷つけられた」などと、清武氏に計1億円の賠償を求める訴訟を提起した。

清武氏はなぜ、記者会見の場で告発を行ったのか。古巣・読売に対し、今後どう打って出るのか。本人に聞いた。


--10月20日球団オーナー(当時)兼社長の桃井恒和氏と一緒に、読売新聞グループ本社会長兼球団取締役会長の渡邉恒雄氏に対し、来季のコーチ人事や全体の戦略について説明に行きました。

約1時間、話をした。5枚のペーパーを持参して、きちんとお話ししています。コーチ人事のみならず、来季の全体戦略に関するすべての事項について、渡邉氏は「わかった」と発言している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。