新・企業力ランキング --06年から大きく変わった上位企業の顔ぶれ

新・企業力ランキング --06年から大きく変わった上位企業の顔ぶれ

東洋経済が毎年作成している「新・企業力ランキング」は財務面での企業の真の力を探ったもの(詳細はこちら)だが、数年で上位の顔触れは大きく変わっている。

第1回目は2006年に行っているが当時は円安に加え、リーマンショック前の好景気。自動車を筆頭に輸出産業が我が世の春を謳歌していた。

直近の2011年はこれら業界が凋落、代わって資源高で潤う国際石油開発帝石や、ヤフーやディー・エヌ・エーなどのIT系が上位に進出している。


■2006年から2011年の上位企業の変遷

※06年と11年に上位10位以内にランクされた企業の順位の変遷


※『週刊東洋経済』12月17日号の特集「ガバナンス不全症候群」では、さまざまな視点から日本企業におけるガバナンス(企業統治)の問題を分析。本記事の「新・企業力ランキング」のほか、「社長の通信簿」など各種のデータやランキングも掲載している。



関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。