新しい世界史へ 地球市民のための構想 羽田正著

新しい世界史へ 地球市民のための構想 羽田正著

グローバル化が進み、ますます一体となる現代世界。その現実を前に、従来のヨーロッパを中心とした世界史像は、刷新されるべき時を迎えている、と著者は言う。

現行の世界史は、日本人の世界史であり、また自と他の区別や違いを強調し、ヨーロッパ中心史観からも自由でない。19世紀に成立した近代歴史学そのものが、この三つの問題点を持っているとして、英語圏のグローバルヒストリー研究とも一線を画し、歴史認識のあり方、語り方を問い直し、「世界は一つ」という視点から、地球市民のための世界史を構想しようとする。

同時に歴史の力によって、現代社会を覆う閉塞感を突き崩し、将来に向けての展望を手に入れようと試みる。

岩波新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。