オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスは6日、巨額の損失隠しについて調査していた「第三者委員会」の調査報告書を公表した。
 
 報告書によると、オリンパスは1985年以降、本業の業績悪化を補うために財テクに手を染め、バブル崩壊によって90年代後半には1000億円弱の損失を抱えるに至った。時価会計の導入に伴い、それらの損失が表面化することを回避するため、損失隠しを行うようになった。
 
 損失隠しについては、歴代の経営陣には報告がなされており、「裏の最優先経営課題」と位置づけられていたという。
  
 オリンパスの公表した報告書は以下リンク(閲覧には会員登録(無料)が必要です)。
 
 第三者委員会調査報告書【要約版】
 第三者委員会調査報告書(1)
 第三者委員会調査報告書(2)
 第三者委員会調査報告書(3)
 第三者委員会調査報告書(別紙)


◆オリンパスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。