スズキ、VW保有の自社株買い戻しへ 資本提携解消で仲裁裁定

仲裁裁判所が判断、約4600億円に

 8月30日、独フォルクスワーゲン(VW)との資本提携の解消を求めていたスズキは、国際商業会議所国際仲裁裁判所がスズキ側の要求を認める判断を下したと発表した。スズキはVW保有の19.9%分の自社株を市場価格で買い戻す。写真は、会見するスズキの鈴木修会長(右)(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - スズキ<7269.T>は30日、国際商業会議所の国際仲裁裁判所が、独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>との資本提携解消を求めていたスズキ側の要求を認める判断を下したと発表した。スズキはVWが保有する19.9%分の自社株すべてを市場価格で買い戻す。

スズキは昨年12月に時間外取引を通じた株式買い戻しの計画を発表済みで、買い戻しに備え、すでに必要な資金を準備している。同社は買い戻し額を公表していないが、28日の終値で試算すると、約4600億円となる見込み。

同裁判所はVWに対し、保有するスズキ株をスズキか、スズキが指定する第三者に売却するよう命じた。ただ、VWが主張したスズキの契約違反も一部認め、それによる損害の有無や損害額を継続して審議する方針という。

30日に会見したスズキの鈴木修会長は、仲裁裁定に「満足している。最大の目的を達成できた」と述べた。VWとの提携解消後に他社と手を組む可能性については「これから考える」とした上で、社内でハイブリッド車の開発が進んでいることなどを挙げ、「自立して生きていくことを前提に考えていきたい」と語った。VW問題の解決にあたるため続けていた会長職から退くかとの質問に対しては「まったく考えていない」と答えた。

一方、スズキ側の契約違反が一部認定されたことに対し、会見に同席した原山保人副会長は「まったく予想外で驚いている」と語り、VWがスズキに損害賠償を請求できる権利を持っているため、今後のVWの動きなどを注視していくとした。

VWも同日、同裁定について「事実が明確になったことを歓迎する」との声明を発表した。その中でVWは、裁定がVW側による協力合意義務の完全な履行を認定する一方、「スズキ側の合意違反を指摘した」と明記。次の措置については「今後数日間かけて、投資銀行および弁護士と協議する」としている。

同社が保有するスズキの株価は、取得当時と比べてほぼ2倍に上昇しており、売却益が出る見込みだ。

スズキは2009年にVWとの資本・業務提携を発表したが、環境技術の供与や経営の独立性などをめぐって対立が深まり、スズキが11年9月に提携解消を申し入れた。しかし、VWが求めに応じず、スズキは同年11月に第三者機関の国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てていた。

*内容とカテゴリーを追加しました。

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。