新日鉄が譲れない理由、ブラジル・ウジミナス社争奪戦で辛勝

新日鉄が譲れない理由、ブラジル・ウジミナス社争奪戦で辛勝

争奪戦にようやく終止符--。新日本製鉄は11月28日、ブラジルの持ち分会社ウジミナスに追加出資すると同時に、アルゼンチンの鉄鋼大手テルニウムが新たにウジミナスに出資するという株主間協定を発表した。同社をめぐってはブラジル鉄鋼4位のナショナル製鉄(CSN)が株式を買い進めていたが、テルニウムと手を組むことでCSNの追加取得を防ぐ狙いがある。

今回、新日鉄はウジミナス株式1・7%を138億円で新たに取得し、保有比率を約29%に引き上げる。一方、テルニウムは約2000億円を投じて約27%の株式を取得する。協定によって、新日鉄はギリギリ筆頭株主の座を維持できる。

新日鉄にとってウジミナスの存在はそれだけ大きい。1958年に日伯経済協力の一環として誕生した同社は、日本の鉄鋼メーカーのノウハウを武器に国内鉄鋼3位にまで成長。2006年に新日鉄が持ち分会社化し、世界戦略上の重要拠点の一つに位置づけた。また、00年には自動車用鋼板で合弁会社も立ち上げており、今年5月に生産能力を倍増させている。

CSNに不信感

そんな手塩にかけて育て上げたウジミナスの株式をCSNが取得し始めたのは今年1月。その後保有比率は10%を超え、新日鉄側は「あんな乱暴な会社とは一緒に仕事はできない」(同社幹部)と警戒感を徐々に強めていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。